ゼロ戦
1: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:04:45 ID:FXLq

・限界まで軽量化したせいで防御力皆無、流れ弾1発でも当たれば致命傷になると言われていた
・その洗練されたボディを作るのに特殊な工程を何度も必要とするため生産性が悪い。
・当時の戦闘機の機銃で最強クラスと言われた20mmは弾道が山なりに飛ぶため接近戦に持ち込まないと当てられない
・軽量化しすぎて急降下すると空中分解する可能性すらあった
・F4Fと違い翼も折り畳めないので空母への積載性も悪い

欠点多すぎて草

 

2: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:06:04 ID:gPg2
技術大国日本(笑)

 

5: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:07:20 ID:FXLq
>>2
あれだけの機動力のある飛行機作った日本の技術力は凄いやろ
でも徹底的な軽量化は戦闘機には絶望的に向かんわ

 

74: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:54:26 ID:TgDh
>>2
日本は工業でここまで経済成長したから技術大国ではある

 

3: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:06:46 ID:mZ8o
必要なのはやはりパワーと装甲
はっきりわかんだね

 

6: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:08:45 ID:4xge

>>3
日本「ゼロ戦軽量化したいなぁ…せや!ボディの内部を肉抜きして速くしたろ!」

ミニ四駆かな?

 

13: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:14:37 ID:FXLq

>>6

まぁ軽量化は大馬力のエンジン作る技術力が無かったからしゃーない面もあるけど

 

4: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:07:03 ID:hm2s
さっさと負けるために欠陥品を作った説ある

 

7: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:08:50 ID:Wf7E
ジムなんか作らなくても全機アムロの乗ったガンダムなら勝てるやろ理論

 

8: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:09:35 ID:poUp
1940年から5年間は覇権をとった戦闘機やぞ
ヘルキャットが出るまでは無敵状態だったから
バカにできないはずだ

 

12: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:12:48 ID:FXLq
>>8
結局ミッドウェーで戦局変わっちゃうけどな

 

9: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:10:12 ID:bVgI
紫電とか飛燕はどんな評価何や?
零戦の後継ポジやし強いんか?

 

11: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:11:37 ID:FXLq
>>9
紫電なんか登場したのが大戦末期やしそりゃ強いやろ

 

10: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:11:01 ID:jGBD
実質ワゴンR

 

14: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:14:40 ID:mS8p

一撃離脱よりも格闘戦のほうが主力やったからしゃーない
ベテランパイロットが格闘戦やるなら、零戦はかなり優秀な機体やぞ
というかそのための設計やし

なお

 

17: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:16:29 ID:FXLq

>>14
日中戦争経験してた日本のほうが航空戦のノウハウはあったし日本がアメリカより玄人向けの機体作りたくなる気持ちはわかる

でも物資で劣る日本が防御力無視はアカンわ

 

24: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:18:01 ID:mS8p
>>17
物資に劣るから防御力!って言ってもなあ
じゃあドイツの〇ソ足まわり重戦車思想は成功しましたかってことよ

 

29: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:21:21 ID:FXLq
>>24
隼みたいに攻守ともに身の丈に合った機体を大人しく作ったら良かったんや
ゼロ戦も一式陸攻も玄人向けすぎや

 

15: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:15:15 ID:3MSK
そらいつの時代も戦いの上でまず最優先されるのは速さやからな、資源資金の低コスト化に一撃講和論とも相まって長期戦考えずそこが最優先になってもうた
兵は神速を尊ぶってのを地で行った機体やったな

 

27: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:19:30 ID:FXLq
>>15
せめてゼロ戦の相方に〇ソ優秀な雷撃機があればな
ドーントレスほんますごヨ

 

16: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:15:44 ID:TJxe
実際軽自動車やレオ〇レスと同じ
貧乏人が満足できるように安く広くしていったら耐久度が落ちただけ
じゃあ高耐久でいいものを貧乏人が買うかというと買わないわけで

 

18: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:16:42 ID:mS8p
西澤広義「20mm機関砲が当てにくいなら、7.7mmでパイロットを撃てばいいじゃん。弾の節約にもなるし」

 

19: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:16:54 ID:cLVa
F4Uにカッコ良さも負けてるしいいとこないやん?

 

20: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:17:07 ID:8NRe
最強クラスの機銃でそれとかそれ以外はどうなってるんや

 

25: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:18:41 ID:mS8p
>>20
アメリカ「20mmとかいらんわ、12.7mmを大量につけたらええねん」

 

21: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:17:23 ID:BSUx
ゼロ戦は名前がかっこいいわ

 

22: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:17:26 ID:7mKa
アンチ乙、大和魂で最強になるから

 

31: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:24:35 ID:3MSK
>>22
大和魂なんてボンヤリした事は言わんが、あの当時の日本ぐらい追い詰められた状況じゃないとあんな戦闘機使えないわなぁ

 

23: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:17:57 ID:YsKD
かっこいい
これだけで十分よ

 

28: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:19:49 ID:FXLq
>>23
それはそうやわ

 

26: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:19:16 ID:SViE
アンチ乙後継の紫電改や烈風があるから
なお

 

30: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:22:51 ID:3MSK
防御に振ったって結局物量でもっと早めに圧〇されるだけやったと思うで
最初は滅茶苦茶敵を翻弄してたわけやしあくまで戦いに勝つという事を目指すならどの道負け戦とはいえあれ以上の正解なかったと思うで

 

35: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:26:54 ID:4xge

>>30
当然防御に振ればゼロ戦のような圧倒的な攻撃力は無くなるやろさ
でも乗組員の生存率は確実に上がったと思うで
米軍側もゼロ戦のように簡単に落とせないとなれば警戒もするし

死んだら経験も反省も何も残らないけど生きてれば反省する事も出来る

 

39: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:29:00 ID:mS8p
>>35
機動力が落ちて被弾率が向上して結局生存率トントンやろな

 

42: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:31:45 ID:4xge
>>39
どうなんやろね
〇傷力で劣る変わりにそれなりに防御力があるとなれば飛び方も変わってくるやろし

 

43: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:32:09 ID:3MSK
>>35
うーん、その気持ちは大いに分かるし出来たら理想なんやけども当時の日本の状況で機動力を下げて真っ向から戦っても物量がちゃいすぎるから相当圧倒的な防御力の戦闘機を開発して大量生産出来ない限りどの道撃墜されて無理ゲーやと思う
実際最初は零戦落とせてなかったわけやからあの方向性しかなかったぐらい日本はあの時点で後がなかったんや

 

50: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:36:31 ID:FXLq

>>43
せめて燃料タンクの防火装備くらいは充実させて欲しかったわね
紙同然の強度の燃料タンクが両翼と操縦席のすぐ前にあってしかも航空燃料はクッソ燃えやすい

そらちょっと打たれたら火だるまになるわ

 

32: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:25:12 ID:mS8p
どうあがいた所で、P-51ベアキャットスカイレーダーの群には勝てんわ

 

33: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:25:29 ID:db9k
零戦最大の長所は航続距離やろ

 

40: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:29:12 ID:4xge
>>33
それよく言われるけど結局アウトレンジ戦法ほぼほぼ成功してないしあんまり航続距離活かされてない
そもそも長距離飛行での戦闘は操縦士の負担になって不利になったんやなかったか

 

34: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:26:02 ID:cs8U
相手の土俵で真っ向勝負仕掛けると勝負にならんからガラパゴスな仕様になるのは今も昔も変わらんのやなって

 

36: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:27:00 ID:a3xE
零戦最大の欠点は後継機が出て来ないこと

 

38: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:28:23 ID:G7tv
攻撃機やが流星すき

 

41: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:29:47 ID:TkR7
もっと装甲硬くして機銃強いのにしたら勝てたのに

 

44: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:32:16 ID:UzIG
作戦半径が広すぎて、パイロットの負担がヤバい
まあ飛べる範囲いっぱいに作戦立てちゃう海軍上層部のせいなんやけどね

 

45: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:32:36 ID:Bn4h
星形エンジンってどうやったん?

 

46: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:33:03 ID:3MSK
もうそもそも言うてしまったらあの戦争自体が間違いって事にどうしてもなってしまうのが悲しい所やな

 

47: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:33:46 ID:mS8p
航続距離否定論は草

 

49: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:35:38 ID:Bn4h
ちょっと調べてきたが日本に残る戦争時代の戦闘機って飛燕だけなん?

 

55: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:39:29 ID:mS8p
>>49
・飛ばせる物は何でも特攻させた
・進駐してきた米軍に壊された奪われた
・維持管理できずに屑鉄に

 

62: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:44:26 ID:Bn4h
>>55
そう考えるとよく飛燕残ってたな

 

66: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:48:14 ID:mS8p
>>62
アメリカのコレクターや博物館が持ってたのを返してもらったのを野ざらしポイーで屑鉄にしたりしてるからな
そらこうなるよ

 

51: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:36:32 ID:cs8U
装甲厚くできるだけの資源あればとっくにやっとったんやないか

 

52: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:37:31 ID:Bn4h
>>51
当たらなきゃええねんを体現したような機体やな

 

53: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:37:44 ID:p5HX
エンジンがアレだったからあーするしか無かったんや

 

60: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:43:24 ID:Bn4h
>>53
星型エンジンってどうやったん?

 

88: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:00:39 ID:p5HX

>>60
→空冷星形エンジン
液冷よりはエンジンが簡素で作りやすい。整備性も高い。高出力化はできるがその分正面面積が大きく抵抗になる。
→液冷エンジン
効率が良く高速度化が可能。ただし整備性が悪く被弾に弱い。

星形は重戦闘機や爆撃機向け、液冷は機動と速度重視の戦闘機向けと言える。
でも史実では工作精度や製造メーカーの傾向の問題から区別はできない。

知恵袋のコピペすまん

 

54: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:37:53 ID:lyfH
日本のエンジンで飛ばせる範囲で装甲増やしたとしてM2に対して効果あるんやろか

 

56: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:41:34 ID:p5HX
大戦末期に航空戦で劣勢に立たされた理由としては、戦闘機の質よりもパイロットの腕前の方が大きなウェイトを占めていたと思う

 

57: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:42:11 ID:FXLq
>>56
それどころかまともな空母が1隻も無くなったりもしたしな

 

59: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:42:50 ID:p5HX
>>57
それもあるね
局地戦闘機に全てを託す感じか

 

61: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:43:42 ID:FXLq
>>59
ほんまそれ
末期に紫電作ろうが信濃作ろうが無駄な抵抗なんだよなぁ

 

64: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:46:26 ID:4xge

>>61
よくミッドウェーが分かれ目言うけど真珠湾で空母攻撃出来なかったのも大きいと思うわ

無抵抗のアメリカに攻撃できた唯一のチャンスやし

 

65: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:47:25 ID:WFqz
>>64
後退せずにガンガン突っ込んだ日本サイドもガ〇ジやろ

 

67: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:48:16 ID:FXLq
>>64
夜間に艦砲射撃の予定もあったけど辞めたんやっけ

 

68: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:51:46 ID:4xge
>>67
そうや
元々の予定なら夜間に大和の主砲でハワイの港を焼け野原よ

 

58: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:42:42 ID:cs8U
人口でも資源でも負けとるんやからそら末期はそうなるやろと

 

63: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:46:17 ID:WFqz
軽爆撃機にガンポッドつけたほうが強そう

 

69: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:51:55 ID:STOQ
5・5・3の艦艇比率を飛行機で補うっちゅう
中攻の直掩任務があるからああするしかなかったんや

 

71: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:53:24 ID:FXLq
>>69
あの条約むしろ日本には好条件やったんやろ?
全部投げて国際条約もパァにした日本無能すぎ

 

76: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:55:13 ID:STOQ

>>71
そうそう
日本3に対してアメリカが5でストップになるんだから
ほっときゃ30とか300作るからなアメは

んでも話まとめた人は相当叩かれたんよ

 

84: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:59:21 ID:FXLq
>>76
五十六も大反対だったらしいな
アメリカを5で抑えられるなら万万歳やもんな

 

70: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:53:22 ID:UISq
竹槍持った人が空飛べるようにしたらよかったんや

 

77: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:55:19 ID:LBcG
>>70
これやな
届かんかったら投げろ
投げて当たらんなら飛べ

 

72: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:53:28 ID:LBcG

首脳陣「あかん!負けそうや……せや!有望な若者を零戦に乗せて特攻させて時間稼ぎや!」

これガ〇ジちゃう?お前らが死ねや

 

82: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:57:43 ID:4xge
>>72
アメリカ「フィリピン硫黄島サイパン全部獲りました、もう諦めなさい」
日本「やだもん…戦うから…」
アメリカ「あっそ。99%日本に勝ち目ないけど本土もツルツルになるまで爆弾落とすで。」
アメリカ「これで本土もツルツルや。沖縄も占領間近。これでワイらの勝ちやろ」
日本「バーロー、バシバシ特攻させてまだ戦うんじゃ!」
アメリカ「はぁ…これはもう核落とすしか無いンゴねぇ」

 

73: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:53:51 ID:RtIA
真珠湾を焼け野原にしてもパナマ運河を破壊しても
結局日本には敗北しかないから余計なことしなくてよかったと思う

 

75: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:54:41 ID:LBcG
>>73
結果論で言い出すと開戦すなとなるわけで……

 

78: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:55:45 ID:T1N8
天皇制維持のためなら若人がしんでも別にええんや(ニッコリ)

 

79: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:56:38 ID:TgDh
で、でもゼロ戦は戦後にアメリカ製の良いオイルを入れたら航行時間が伸びたから・・・

 

80: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:57:22 ID:LBcG
対日最大の英雄は牟田口と言う風潮

 

81: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:57:34 ID:STOQ
Me109で太平洋戦線とか乗りたくないな

 

83: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:59:21 ID:qmvN
アメさんはb29で高高度爆撃したとさ

 

85: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)18:59:52 ID:STOQ

日本「もう負けでええから」
アメリカ「いやいや太平洋全部もらうまであかんわ」

こんな感じやろサイパンあたり以後

 

89: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:00:57 ID:rSgE
>>85
降伏の条件に天皇の処刑ちらつかせてわざと降伏できないようにしてたよな

 

86: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:00:12 ID:rSgE
防御力皆無は最終的に規定の材料使えなくなったからやろ
初期の機体は超超ジュラルミン使ってるから軽くて丈夫やん

 

87: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:00:24 ID:dHLd
軽量化し過ぎたせいで20ミリ撃ったら主翼がガックンガックン揺れるという罠
ひどいのになるとフレーム歪む

 

90: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:01:19 ID:aIQL
>>87
それ何てミニ四駆?

 

97: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:03:18 ID:4xge
>>87
軽量化のために操縦席のガラス板すら重い防弾ガラス嫌って付けなかった模様

 

91: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:01:41 ID:STOQ
星形は軽くなるよね
頭に重いもんあるとバランスとらなあかんし
メリットはでかい

 

92: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:01:45 ID:U0ZB

是非やれといわれれば、初めの半年や一年は、アメリカ、イギリス相手にずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし二年、三年となっては、全く確信は持てません。
-山本五十六

大ジャップインペリアル軍にとって全てこれに尽きるな

 

93: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:02:11 ID:rSgE
この頃の戦闘機って今から考えると頭おかしいくらい機銃積んでるよな
それしかないからやけど

 

95: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:03:00 ID:dHLd
>>93
電子装備ない時代だからねぇ

 

96: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:03:00 ID:STOQ
>>93
弾幕薄いよ
何やってんの!

 

94: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:02:55 ID:R5Dc
そもそも真珠湾奇襲後にドイツ参戦の時点でアメリカの方針は主敵はドイツで日本は後でいいやだったんですけどね

 

105: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:05:12 ID:U0ZB
>>94
主力潜水艦部隊も当初は大西洋に回してアルゼンチンから北海に追い詰めたからな

 

98: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:03:42 ID:yUJe
パイロットは優秀やなかったか
なお

 

99: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:03:44 ID:NkMb
ワイは好きやで、漫画みたいに性能一極集中させた飛行機やから
ゼロ戦はしっかり戦ったとも思うし、そもそも馬力も装甲もすべてに勝る大戦後期の戦闘機と比べてること自体ナンセンス

 

102: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:04:47 ID:dHLd
>>99
F4Fの急降下に追いつけなかったんですが・・・

 

104: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:05:08 ID:cs8U
>>102
土俵が違うねん そこはしゃーない

 

100: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:04:01 ID:LBcG
東條は極悪人として語られるのに文麿はメディアであんま語られんのはやんごとない血筋やからか?

 

101: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:04:13 ID:LBcG
東條は極悪人として語られるのに文麿はメディアであんま語られんのはやんごとない血筋やからか?

 

107: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:05:50 ID:8bBJ
>>101
東條は単なる閣僚やんけ
個人としては愛妻家のぐう聖やぞ

 

109: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:07:17 ID:LBcG
>>107
遺書読みと結構印象変わったわ
負けた後やし米軍の検閲もあるやろけどワイ的には結構まともなこと言ってる

 

112: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:08:17 ID:8bBJ
>>109
戦争の責任押し付けられてホンマ可哀想
本人は長屋に暮らしていた善良な市井やったのに

 

114: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:09:02 ID:dHLd
>>107
今すぐ開戦すべし!って言ってたのに天皇が戦争回避を望んでる事を知って必死に参謀本部を押さえようと戦ってたらしいな

 

113: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:08:31 ID:U0ZB
>>101
東條→純粋な日本軍人
文麿→美大落ちに憧れてあえて負け組との同盟を選んだガチガ〇ジ
吉田茂→領土拡張派の親連合国

 

110: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:07:40 ID:rSgE

 

111: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:08:06 ID:LBcG
東京裁判とか言う結論ありきの裁判ひで

 

139: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:14:46 ID:yUJe
>>111
無罪になったら東條もビビりそう

 

115: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:09:20 ID:Pqwv
裁判中東條のあたま叩いてるおっちゃんいたよな

 

116: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:09:23 ID:STOQ
零戦好きやけど乗れって言われたら5式戦にするわ

 

121: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:10:02 ID:p5HX
>>116
ワイは紫電改か疾風に乗るで!

 

123: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:10:34 ID:dHLd
>>121
ほい
つ桜花

 

131: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:12:28 ID:p5HX
>>123
こらやめんか

 

137: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:13:40 ID:FXLq
>>123
信濃の唯一の任務が桜花の輸送だったのほんま草
鬼のように予算使って大和型を改装した末路が特攻機の輸送て

 

152: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:19:01 ID:t2lq
>>137
まだ大和型として就航させた方がましだったわ
戦艦を時代遅れとか言うまではいいけど、編成を急遽変更した挙句有効活用しなかった無能軍令部

 

167: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:22:17 ID:FXLq
>>152
そもそも途中で空母にするぐらいなら空母でよかったやんな

 

178: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:24:56 ID:t2lq
>>167
それは違うかと
さすがにあの状況下やとまだ戦艦は有効だったし、あれ以上空母を作るんはパイロット育成も間に合わんし
「造るんだったら、中途半端に建造中止した挙句ドッグで放置するな」が正解

 

182: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:26:26 ID:FXLq
>>178
どうせすぐ空母の時代になるんやし大和も武蔵も活躍の場なかった事考えたら空母でよかったんちゃうかなって

 

189: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:28:26 ID:t2lq
>>182
建造時期的にはまだ航空魚雷が糞雑魚で決定打すら危ういし
航空機開発とパイロット育成が間に合ってない時点で論外でしょ
空母じゃなくて長距離航行可能な軽巡作れならまだ話は分かるけど

 

190: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:29:09 ID:U0ZB
>>182
それは空母が沈んでいってるにも拘らず軍令部が大和を前線に出し渋ったのが問題で、しっかり空母打撃群の火力として前線に出していれば活躍できたと思うんや
歩兵にも機関銃は必要やろ?大和は機関銃やねん

 

195: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:31:31 ID:FXLq
>>190
それは言えてるな
大和の高い艦橋活かして作戦司令部の役割をしてたらしいけど、やっぱ主砲活かすなら前線だよな

 

199: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:33:53 ID:U0ZB
>>195
レイテで武蔵が沈んだときも米軍パイロットが「めっちゃ打たれ強いやん」って評価しとったし空母のストックが残ってるうちに前線司令部としとけばよかったと思うで
しっかり艦隊が組めていたら絶対に沈まない艦や大和は

 

200: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:34:27 ID:dHLd
>>195
でもそれこそ航空機に接近されたら何の役にも立たんような気がするが
主砲の回頭させてる間にみんな射線軸から逃げるやろうし対空機銃なんかほとんど当たらんやろ

 

205: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:37:10 ID:U0ZB
>>200
大和が前線に来たおかげで沈まない空母らがおるやろ
てか大和は核でもぶち込まれん限りそう簡単に一発二発では沈まんで

 

118: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:09:41 ID:Pqwv
紫電←かっこいい

 

122: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:10:25 ID:LBcG
>>118
なんか大和とか零戦とか妙に中二臭いネーミングすこ

 

127: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:11:29 ID:U0ZB
>>122
ナチドイツのネーミングも〇ソ厨二でやばいぞ

 

135: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:13:33 ID:LBcG
>>127
ナチって制服とかかっこええよな
中身はともかくああやって軍人希望者増やしたんやろな

 

125: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:11:05 ID:STOQ
>>118
紫電のかっこよさの8割は伸縮式の主脚
あと2割が翼下のガンポット

 

119: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:09:46 ID:U0ZB
東條は人情の良さから部下から「お父」と呼ばれて親しまれてたとか言われてるな

 

126: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:11:14 ID:8bBJ
>>119
飲み会の席
彡(^)(^) 「ここの芸者はいいゾ~これ!東条さんはどうですか?」
東条「ん~ワイは妻が一番やなぁ~」
彡(^)(^) 「」

 

128: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:11:55 ID:FXLq
>>126
そんな事あったのか

 

140: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:14:49 ID:8bBJ
>>128
>>132
東条の家を探しに行ったメッセンジャーが庶民向けの長屋から現れた東条見て腰抜かしたエピソードもあるくらい
本人はアッベと同じように調整役には長けていたが、性質はえらく質素な人やったみたいやな

 

132: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:12:44 ID:U0ZB
>>126
これはぐう聖
所詮ヒロヒトと同じ名誉職でしかなかったんや

 

120: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:09:57 ID:dzDR

零戦…装甲薄いおかげで航続距離長いですが攻撃されると中の人は助かりません

軽自動車…装甲薄いおかげで航続距離長いですが事故ると中の人は助かりません

 

136: 名無しさん@おーぷん 21/05/04(火)19:13:35 ID:U0ZB
>>120
零戦が全世界に輸出されていると言う事実
引用元
彡(゚)(゚)「ゼロ戦を実際に見たけどあれでよう飛んだなと思ったで」