郵便局を10年で辞めた人が郵便配達に適している人のための23のチェックリストを紹介

2020年5月2日

郵便局を辞めた人

私は、郵便物を配達する側を実際に10年間経験しました。郵便局の仕事っていうは暇なのか、ホントはどうなのか?

そんな元郵便局員をやっていた私が、郵便配達に適している人を紹介!

よくわからないけれどやってみたい人は、チェックリストで確認してみてください。

ある意味、私が経験した怖い話になりそうなお仕事のおはなし。幽霊よりも人のほうが怖い。

 

郵便配達に適している人は?

郵便配達に興味があったらいきなり社員になるのではなく、繁忙期が狙い目ですよ。

年末のバイトなんかから始めるといいでしょう。

いきなりなんでもかんでもやらなくていい分、少しは気楽にできるはずです。

配達のきつさは正社員とあまり変わりませんがね。

わたしは何回か異動しましたが、暇な郵便配達を経験したことはありません。何十年も昔は「午後はする事なかった。暇だった」なんて噂を聞くくらいです。

 

正社員になると面倒なことがちょびっとだけ増えます。

次のチェックリストで確認してみましょう。

 

郵便配達に適している人のためのチェックリスト

  1. 走るのが速い
  2. いくら走っても疲れない
  3. 配達が速い
  4. もの覚えがよい
  5. 記憶力がよい
  6. 体力がある
  7. バイクや車の運転が好きだ
  8. コミュニケーションをとるのがうまい
  9. 夏の暑さと冬の寒さを感じない
  10. 暗くなっても目がよく見える
  11. 排気ガスのにおいが好きだ
  12. 自分の能力以上の仕事をこなすことができる
  13. 交通違反なんか気にしない
  14. 上司の長くくだらない話が好きだ
  15. パワハラを受けるのが好きだ
  16. 自分だけタバコ休憩をとってる社員が好きだ
  17. 不必要な飲み会が好きだ
  18. 頭のおかしい社員の行動に理解ができる
  19. 見合わない給料が好きだ
  20. 給料で営業ノルマ自爆するのが好きだ
  21. この会社にまだ明るい未来があると思い込んでいる
  22. 交通事故で死んでも文句を言わない自信がある
  23. 郵便配達以外の仕事はやりたくない

なんじゃこりゃ。

冗談ではなく、真面目に書いていますし細かく書くとまだあります。無理難題を命令されても、正常でいられる自信があるとかね。

これらの適性がない人にとっては、郵便配達は地獄になるでしょう。

 

郵便配達を待っている人

部屋の外から郵便バイクの音がきこえるとワクワクして、玄関にダッシュしたものです。

息を切らしてポストを確認……届いたものはというと、たいていDMや請求書ばかりなんですけどね。

今は、懸賞と言えばネットで応募できるネット懸賞の利用者が多い世の中。手軽に応募。しかし、当たらない。

 

ネット懸賞は大量に応募するけど、当選確率はグーンと下がっている気さえします。

まさか、郵便局の人が間違ってお隣のポストへ入れちゃったとか……。

絶対にありえないとは言い切れませんが、そこは郵便局を信用しましょうね。

 

最近は、懸賞よりもアマゾンや楽天なんかの品のほうが多く届きます。

いつでもどこでも注文できるし、覚えてしまえばとっても簡単。ついいらないものも買ってしまいます。

しかも請求書の明細はあまり確認しないタイプです。

 

郵便屋さんが通り過ぎた後は、独特な排気ガスの香り。

50、90、110ccのバイクの排気ガス。

今となってはいい思い出です……たぶん。その証拠に、いまだに配達しないといけない夢を見ます。悪夢ですね。

 

 

もし体力が有り余っているのなら、郵便配達どうでしょう!!!!

おすすめします。

そんな私は、郵便局がとっても大好きです。ほんとうです。