【怖い話】教室のロッカー彡()()「ドアが……開かない」

【怖い話】教室のロッカー

彡(^)(^)「あっ、いいこと思いついたで!」

(´・ω・`) 「やきうくんどうしたの?」

彡(゚)(゚)「実はな……」ゴニョゴニョ

友人「へー、面白そう!」

(´・ω・`) 「えっ、また先生に叱られるよ」

彡(^)(^)「へーきへーき。んじゃ、これからいってくるでー」スタタタ

(´・ω・`) 「あーあ」

 

 

キーン コーン

生徒「起立、礼。着席」ザッ

(´・ω・`) (始まっちゃったよ。やきうくん、ホントにやるのかな?)

(´・ω・`) (授業中、教室のロッカーからいきなり飛び出して驚かすだなんて)

先生「では、この前の続きから……」

 

 

(´・ω・`) (やきうくん、いつ出てくるんだろ)クルッ

友人(まだかな?)クスクス

先生「そこー、静かにね」

 

 

カタッ

(´・ω・`) (今、なにか音がしたような。もうすぐかな?)ソワソワ

友人(もったいつけるなぁ、やきうくん)ソワソワ

 

 

(´・ω・`) (あれ?)

先生「ここで終わります」

生徒「起立、礼。着席」ザッ

ガヤガヤ

(´・ω・`) 「え、やきうくんは?」

友人「うーん、ロッカーから音もしないし中で寝ちゃったとか」

(´・ω・`) 「とにかくロッカーを開けてみよう」ソー

カチャ

彡()()「うわああああぁぁん!」バッ

(´・ω・`) 「や、やきうくん!? ねえ、どうしたの!」

友人「あっ、やきうくん血が出てるよ」

彡()()「ああぁぁあ、ハア。うううう、ゼエハア」ガクガク

彡()()「ドアが……開かない。だ、だれも開けて……くれんかったああああ」ブルル

 

 

その後

(´・ω・`) 「やきうくん、いったいなにがあったの?」

彡(゚)(゚)「……あの日の授業が始まってから、すぐに飛び出すつもりだったんや」

彡(゚)(゚)「はじめはロッカーの内側を軽く叩いたりしてな」

彡()()「でも、いざ扉を開けようとしたらビクともせんかった」

彡()()「まずいと思ったワイは、中からガンガン叩いて思い切り叫んだ。そのときに、手が切れて血が付いたんやな」

彡(゚)(゚)「まるで誰かが開かないように押さえつけてるみたいな」

(´・ω・`) 「あのロッカー鍵なんてついてないよ。ロックもないし、ただのフタだよね」

(´・ω・`) 「声もなにも、はじめの物音以外は聞こえなかった」

(´・ω・`) 「クラスのみんなは席についていたし、先生も見張ってた」

彡(゚)(゚)「そうなんや。ワイもロッカーの中から、みんなの様子を見とったからな」

彡()()「……ワイ、全員に無視されとると思って怖かったわ」

(´・ω・`) 「いやそんなことは……でもイタズラはほどほどにね」

彡(゚)(゚)「わかったで(次はロッカーやめて、カーテンとかがええかな?)」

(´・ω・`) 「……」

 

 

【怖い話】教室のロッカー彡()()「ドアが……開かない」 完