【怖い話】彡(゚)(゚)「ウッ、ンーッ! ウッ、ンーッ! 」双眼鏡

2020年3月17日

双眼鏡

【怖い話】彡(゚)(゚)「ウッ、ンーッ! ウッ、ンーッ! 」双眼鏡

 

パタンッ  ブロロロー

リリリリリ

(´-ω-`) 「今日もいい天気だなー、虫の鳴き声もいいよね」

(´-ω-`) 「夜中は一日のなかで一番静かで落ちつくんだ」

(´・ω・`)「星を見るのもいいけど、ぼくは街を眺める方が好き」スチャッ

(´・ω・`)「ちなみに星座を見るなら、望遠鏡よりも双眼鏡のほうがおすすめだよ」

(´・ω・`)「このあいだも流れ星を見ちゃって……だれに説明してんだろぼく、ふふ」

 

(´・ω・`)「あれはタクシーか……あそこは居酒屋だから酔っぱらいのお客さんかな」ジー

(´・ω・`)「人に言ったら変な趣味だって言われそうだけど、好きだなー」

(´^ω^`)「でも、明かりのついた部屋をジロジロ覗いたりはしてないからね」

(´・ω・`)「ちなみにここはベランダじゃなくて、なんと屋上でーす」

(´・ω・`)「だからいろんな方角、東西南北バレずに覗け……見ることができるんだよ」

(´・ω・`)「んーと、いつも通りうちから順番に見ていこうかなー」ジー

(´・ω・`)「ぼくんちの玄関、庭……まあいつも通りだよね」ジー

 

 

 

 

 

(´・ω・`)「あとはこっちで終わりかー、西側のお隣さん、お店、アパート……坂はどうかなー? 」

(´・ω・`)「んー、あそこの自販機……まあこんな時間はだれもこないよね」ジー

(`・ω・´)「あっ! でっかい蛾だ」

(´・ω・`)「まあ今日だけ特別にUFOが見えたりしないよね……残念」

(´・ω・`)「……あれっ……気のせいかな……」ジー

(´・ω・`)「なんか動いてる……ランニングかな? こんな時間に」

(´・ω・`)「ダイエットで走ってる人、たまに見かけるし……」

(´・ω・`)「んんっ……坂の下まできた……こども? ……え……こっちの方角に」

(´゜ω゜`)「そうだ拡大して……」ジー

(´゜ω゜`)「うわ……服着てないし、なんだあれ」

(´゜ω゜`)「……こっちみてわらってる」ゾー

 

タッタッタッタッタッタッ

彡(●)(●)

 

タッタッタッタッタッタッ

彡(●)(●) ブンブン ブンブン

(´゜ω゜`)「アワワワ……ダメだ、早く逃げないと! ああっカギ(手、振ってた、なんで? )」

(´゜ω゜`)「カギ……かかってるよね」ダダダダッ ガラガラッ

(´゜ω゜`)「うわーっ……どうしよ、とっとっよっとっ」ダダッ タンッタンッタンッタンッタンッ

(´゜ω゜`)「なにか武器は……これ? 時間がない! 」ガッ

(´゜ω゜`)「コンセントにさしてる場合じゃないよね……」アタフタ

(´゜ω゜`)「よし、玄関は……」ダダダ

(´゜ω゜`)「ふぅ……ふぅ……よかったカギはかかってる……はぁ」ガチャ

 

タッタッ ダッダッダッダッダッ

(´゜ω゜`)「来た! ……うぅぅ(絶対アイツだ、やっぱり見えてたんだ)」

(´゜ω゜`)「……(どっかいけどっかいけ、帰れ帰れおねがいします)」ガタガタ

彡(●)(●)

 

ダンッダンッダンッダンッダンッダンッダンッ

(´゜ω゜`)「ぁぁ……(きっとドアのむこうに、いるんだ。あの痩せたこどもが、だれかぁ)」ガタガタ

彡(●)(●)「ウッ、ンーッ! ウッ、ンーッ! 」

 

ダッダッダッダッダン ピンポンピンポンピンポンピポンピポン

(´゜ω゜`)「……(なんでこんな目にあうんだ)」

 

ダンッダンッダンッ ピンポンピンポン

ダンッダンッダンッ

彡(●)(●)「……」ピタ

 

シーン

(´゜ω゜`)「……(鳴りやんだ! )」ドキドキ

(´゜ω゜`)「……(帰った? いやいやここで出たら、捕まるやつだ)」ドキドキ

(´゜ω゜`)「……(じっと耐えるんだ)」ドキドキドキドキ

 

―朝―

 

ブロロロ

カァッ カァッ

(´゜ω゜`)「……(明るくなってきた)」

 

ガヤガヤ

(´・ω・`)「……人の声」

(´・ω・`)「アイタタタ……アイロン重すぎだよ」コトッ

(´・ω・`)「助かった」ガクッ

(´-ω-`)「はぁー疲れた……もう覗き、じゃなくて……防犯監視はやめよ」

 

 

彡(゚)(゚)「ウッ、ンーッ! ウッ、ンーッ! 」双眼鏡 完

 

 

ありがとうございました。

 

都合よく助けてもらえないみたいです。

 

彡(゚)(゚)「あれあれ、ガキ……やなくて餓鬼やろか? 」

(´・ω・`)「ただのイタズラかも、相手がふつうの人だったとしても怖いよ」

彡(゚)(゚)「きっと変なものは、ついつい見えてしまうんやで」

彡(゚)(゚)「遠くから、だんだん近づいてくるのは怖いでー」